医療脱毛ができない肌とは?

医療脱毛というのは、強力なパワーを持ったレーザーを肌に照射してムダ毛を作る細胞を破壊して行われるんです。
ですから、肌にはかなりのダメージが与えられます。
そのため、医療脱毛でレーザーを当てる時には、肌を守るための保湿剤などを念入りに塗りますし、施術が終わった後もしばらくはスキンケアを丁寧に行わなくてはなりません。
医療脱毛は医療受持者が行ってくれるので安心ですが、自分でもスキンケアを十分に行う必要があるんですね。
施術を受ける前でもニキビや湿疹ができている場合は、その症状が悪化する可能性があるので、医療脱毛が受けられない場合があります。
強いレーザーの光によって、炎症が大きくなることもあるんだとか。