フラット35の審査は厳しい?

自分の家が欲しいと考えたとき銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。
けれども、数ある金融機関の中からどこを選択すればよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。
選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも受付可能です。
けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。
という甘いものではない事を心しておくと良いです。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
あとですね、住宅ローン借り換えならシミュレーションもあるのでぜひ計算して将来に備えましょう! その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。

フラット35の審査は厳しい?審査基準を知りたい!【通りやすい方法は?】